無農薬野菜の栄養価

無農薬野菜はカラダにいいと言われますが、農薬が散布された野菜はカラダに悪いので、その裏返しとして言われているということでしょう。
また、日本人は野菜不足とも言われます。
野菜はカラダに必要なものですから、無農薬野菜はカラダにいいと思ってたくさん食べる人は、それだけビタミンとか食物繊維などを多く摂ることになります。

無農薬野菜を栽培する人は、土とか肥料にこだわって作っています。
普通に作るより野菜の状態が良く、見た目につやなどが出ていれば、それだけ栄養価が高いということになるでしょう。
また、旬の野菜をその季節に食べることでも、栄養価の高いものを口にすることができます。

ところで、無農薬野菜に似たものに「有機栽培野菜」がありますが、有機栽培の方は農薬を使わないだけでなく、肥料にもこだわって育てられています。
有機栽培野菜には、「有機JASマーク」と言って、農薬や化学肥料などの化学物質を使っていないことを証明するマークがついています。

有機JASマークは野菜だけでなく、加工食品や飼料などにもついているのでより安全性が高くなっています。
スーパーなどで販売されている野菜をひとつひとつ手に取って、表示を調べてみてください。

配送料や品質検査の手間がかかるはずの外国産の野菜が安くて、国産の野菜に倍以上の価格がつけられていることに疑問は感じますが、日本の農家が野菜にかけている手間や労力を考えれば、やむをえないというところでしょう。


≪Special Link≫
肥料にもこだわって育てられた有機野菜の通販サイトです→ 有機野菜

Copyright © 2014 無農薬野菜は栄養価が高い? All Rights Reserved.